最古のメジャー全英オープンゴルフ!2017年、2018年に現地に行って初めてわかったこととは!?

最古のメジャー全英オープンゴルフ!2017年、2018年に現地に行って初めてわかったこととは!?

2019年7月18日

「ロイヤル・ポートラッシュ・ゴルフクラブ」で7月18日〜21日まで開催される全英オープン。正式名称は「The Open Championship」でイギリスではジ・オープン(The Open)というのが一般的な呼び方だ。

マスターズ、全米オープン、全米プロとともにゴルフの4大メジャーの1つでもあり、4大メジャーの中で最も歴史のある全英オープンを筆者は2017年と2018年に取材をしている。今回はあまり記事にはならないが、現地に行って初めて分かったことを書きたいと思う。

全英オープンに集まる大ギャラリー
全英オープンに集まる大ギャラリー(2017年大会)

駅から徒歩圏のコースも!電車で観戦にくるギャラリーがとても多い!

筆者が取材をした2017年の「ロイヤルバークデールゴルフクラブ(イングランド)」と2018年の「カーヌスティゴルフリンクス(スコットランド)」には、ある共通点があった。それは“駅近”であることだ。

筆者の現地での移動手段はレンタカーだったが、1週間で20万人くらいのギャラリーが訪れるとも言われる全英オープンということで、渋滞を覚悟していた。ところが「ロイヤルバークデールゴルフクラブ」ではゴルフ場の近くで少し車の量が多くなる程度。プレス(取材記者・カメラマンなど)用駐車場が離れたところにあった「カーヌスティゴルフリンクス」では、まったく渋滞に巻き込まれなかった。

大きな理由の一つが、両コースともコースの目の前に駅があり、ギャラリーはもちろん関係者の多くが電車を利用していたことであろう。

ちなみにイギリスは鉄道発祥の地。現在も鉄道網は国内を幅広くカバーしており、日本と同様に海沿いを走る路線も多く、リンクスが海沿いにあることから“駅近”の全英開催コースが少なくないという結果になったようだ。
なお、今年の会場となる「ロイヤル・ポートラッシュ・ゴルフクラブ」は、徒歩圏に駅はないようだが、オフィシャルサイトによると最寄駅からバスの送迎があり、鉄道での来場を奨励している。

2019年全英オープンオフィシャルサイトの交通案内

1週間で1年分を稼ぎ出す!?「全英」最寄りの無人駅11年ぶりの風景
(参考:GDOの2017年の記事)

やっぱり、イギリス!ビールが飛ぶように売れていた!!

美味しそうにビールを飲むギャラリー(2017年大会)
美味しそうにビールを飲むギャラリー(2017年大会)

テレビ観戦でも分かるようにコートが必要になるくらい寒くなることもあるが、青空が広がった時の快適さはえも言えぬ7月のリンクス。真夏のじめじめと暑い日本から来た身にとってはまさに天国だ。

そして晴天の会場で目立つのがビールを持ったギャラリー。さすが、パブの国イギリスは、日中でもビールが大人気だ。

また、食事のメニューもチェック。イギリス名物、フィッシュアンドチップス、サンドイッチ、スープなど様々なメニューがある。

ドリンクとフードのメニュー(2017年大会)
ドリンクとフードのメニュー(2017年大会)
ドリンクとフードのメニュー(2017年大会)

ソファーでの巨大モニター観戦が超気持ち良さそう!

これも全英オープンの名物の一つ!ギャラリープラザに設置されているクッションだ。
でっかいクッションでくつろぎながら巨大モニターで観戦するのも全英オープンならでは楽しみのようだ。

巨大モニターで観戦する
巨大モニターで観戦する
でっかいソファーでくつろぎならが巨大モニターで観戦するのも、全英オープンならではの楽しみ方(2017年大会)

ゴルフ好きには嬉しい、ドラビングレンジでのギャラリー向けサービス!アプリも充実

全英オープンのドライビングレンジでは弾道計測器により飛距離や球の高さなどが電光掲示板に表示される。タイガー・ウッズの打撃練習中は、表示されるデータを食い入るようにみつめているギャラリーが大勢。

世界のトッププロを生で見られるだけでなく、その凄さを数値でも把握できるサービスだ。

ショットを打った後のタイガー・ウッズ
ショットを打った後のタイガー・ウッズ(左)。電光掲示板には、弾道や飛距離などがすぐに表示される(2018年大会)

また、公式アプリも非常に便利。特にありがたかったのが位置情報で、自分がどの方向を向けているかまで表示してくれるところ。筆者が方向音痴なのかもしれないが(笑)、たまに自分がどっち方向を向いているかがわからなくなることがある。

このアプリを持っていれば、向いている方向が一目両全なので大変役に立った。

全英オープン公式アプリ
アプリでは自分が向いている方向まで表示してくれる(2018年大会)

日本と比べて家族連れが多い!

最後に書かせていただくのは、日本と比べて家族ずれで観戦にきているギャラリーが多いことだ。子供でも楽しめるイベントが多いだけでなく、広々としたギャラリープラザの存在も、家族観戦を後押ししているのだろう。

お子さんが楽しめるイベント
お子さんが楽しめるイベントが多い(2017年大会)
子供までファッションがおしゃれ!
さすがイギリス!子供までファッションがおしゃれ!!(2017年大会)
サッカーを楽しむ子供たち
やっぱりイギリス!ギャラリープラザの片隅で、サッカーを楽しむ子供たち(2017年大会)